認知症になる前からフェルガードを摂取しておこう

認知症予防に有効なサプリ

老夫婦

症状を見て選ぶことが大事

フェルガードは認知症の予防や改善など、知的な健康をサポートしてくれるサプリメントです。主な有効成分は米ぬかから抽出されるポリフェノールであるフェルラ酸となります。この成分が神経細胞の壊死を抑制し、アルツハイマー型認知症や脳の健康状態を良くしてくれるわけです。フェルガードにはフェルラ酸以外にも、欧州のガーデンアンゼリカやインドのバコパモニエラという二つのハーブが成分として配合されていることがあります。このうちガーデンアンゼリカは神経の再生に効果があり、認知症の改善効果が期待できる成分です。しかし、副作用として興奮をもたらす可能性があるので、興奮性が高い認知症患者にはガーデンアンゼリカの割合が少ないフェルガードが必要となります。逆に興奮性があまりないという認知症患者には神経細胞を再生させるガーデンアンゼリカが配合されたフェルガードを選んだほうが効率的に認知症を改善できる可能性が高くなります。ガーデンアンゼリカが配合されていないフェルガードには代わりにバコパモニエラが含まれています。こちらは記憶力や集中力を高める効果があるだけでなく、心を落ち着かせるといった作用もあるので、摂取することで興奮性が高い認知症患者に有効となる成分です。つまり、効率的に認知症の予防改善をするためには、症状を見て正しい成分が配合されたフェルガードを選ばねばなりません。基本的にフェルガードは健康な人が飲む分には問題ないサプリメントですが、種類によっては医師の助言が必要となることもあるので注意してください。また、フェルガードを飲むタイミングは一般的に食前が良いと言われています。さらに牛乳と一緒に飲むと有効成分の効果が薄れるという報告も出ていますので、利用する場合は注意しましょう。